ピエリアのおすすめ本

プロが選んだ使える1冊

おすすめ本インデックス

・料理編
・音楽編
・美術編
・ファッション編
・語学一般(必携辞書・文法書)

おすすめ書籍ー料理編ー

専門 言語 おすすめ本
料理 仏語 仏和・和仏料理フランス語辞典  ★★★★☆
料理 仏語 フランス料理用語辞典  ★★★★☆
料理 伊語 イタリア料理用語辞典  ★★★★☆
 一般の辞書には掲載されていない専門用語が充実。小さな和伊辞典や文法解説、メニュー例などもついた実用的一冊。
料理 仏語 新・現場からの調理フランス語  ★★★☆☆
料理 仏語 新・現場からの製菓フランス語  ★★★☆☆
料理 伊語 現場からの調理イタリア語  ★★★☆☆
 料理修行でイタリアへ渡る人に特化した学習書。一般の語学書とは全く異なるカリキュラムでABCから教える構成がとてもユニーク。食材や調理器具名、予約や営業に欠かせない時刻表現なども掲載しており、最低限必要なことをコンパクトにまとめている。タイトル通り、言葉の本質より実用に重きを置いた1冊。
料理 独語 グリム家の食卓―手作りのオリジナルレシピ210  ★★★☆☆
料理 伊語 イタリア菓子  ★★★★☆
 サブタイトルは「ベーシックをきわめる」。レシピだけではわからないイタリア菓子作りの常識から各地方伝統菓子の情報まで。
料理 伊語 イタリアの地方料理――北から南まで 20州280品の料理  ★★★★★
 20州の料理を体系的に解説。歴史・地理的特徴から、伝統料理、特産物、各州を代表する日本人シェフのレシピ紹介まで。料理名・食材名は、イタリア語も併記されているのが嬉しい。
料理 伊語 イタリアワイン2015年版(プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル)  ★★★★★
イタリアワイン本としては、今まで見た中で最も詳しいように思います。DOC・DOCGを全て紹介。ブドウ品種も詳しく説明。州ごとにインデックスをつけて、仕事の時だけではなくワインを開けるたびに開いて楽しんでいます。(料理イタリア語教材作成担当S)
料理 伊語 専門料理 5月号 特集:イタリア料理の50年  ★★★★☆
イタリア料理業界に対する自分の勉強不足を痛感していた時に見つけた一冊。イタリアと日本における戦後のイタリア料理の歴史や、2000年以降に開店した首都圏以外の(地方在住としてはこれポイント!)おいしいお店が紹介されています。(個人レッスン担当)

おすすめ書籍ー音楽編ー

専門 言語 おすすめ本
音楽 独語 音楽のためのドイツ語事典  ★★★☆☆
音楽 伊語 音楽用語のイタリア語  ★★★★☆
音楽 伊語 これで納得!よくわかる音楽用語の話-イタリアの日常会話から学ぶ ★★★★☆
音楽 伊語 音楽のためのイタリア語入門 ★★★☆☆
ロマンス言語学の鈴木先生と、音楽イタリア語の本を多数執筆されている森田先生の共著。各課の最後にある「辞書を引きましょう」コーナーでは、その課で習った文法知識を元にオペラのセリフを読み解きます。先生からのヒントもあるので、自分でオペラを解読する喜びを味わうことができます。(イタリア語個人レッスン担当)

おすすめ書籍ー美術編ー

専門 言語 おすすめ本
美術    岩波 西洋美術用語辞典  ★★★★★
 ジャンル、技法、主題について簡潔に分かりやすく編集されている。絵画、彫刻、版画、建築、写真、工芸を網羅。読み物としても楽しめる辞典。
美術    カラー版西洋美術史  ★★★★☆
 西洋美術史の流れを把握するための良書。図版が豊富だが、作者名や作品名の表記が日本語だけで原語での表記がないところが惜しい。より深く勉強するには各様式や芸術家に関する専門書が必要になるが、手元にあると大変便利な一冊。
美術    増補新装 カラー版 20世紀の美術  ★★★★☆
 『カラー版西洋美術史』と同じシリーズの20世紀の美術編。表現主義から2001年以降の動向まで取り上げられている。
美術 仏語 フランス美術基本用語  ★★★☆☆
美術 伊語 宮下孝晴の徹底イタリア美術案内<1>~<5>  ★★★★★
 イタリア全国の美術とその歴史を徹底解説。詳しいのに読みやすいという点でとても貴重な一冊。読むと次はどこへいこうか、と妄想がふくらむ。美術館巡りには必携。

おすすめ書籍ーファッション編ー

専門 言語 おすすめ本
ファッション 日本語 ファッション辞典  ★★★★★
ファッション 仏英伊中日 5か国語 新ファッション用語集  ★★★★☆
 仏・英・伊・日・中の5か国語。仕様・加工に関する語が非常に詳しく、通常の辞書では見つからない訳がこれだと一発、ということもしばしば。もう中古でしか手に入らないんですね。手に入るうちに購入しておきましょう。(ファッション英語イタリア語担当翻訳者M)
ファッション 仏語 フランス・モード基本用語  ★★★★☆
 仕事で翻訳をする際に使っています。少し古いのですが(初版96年)ELLEの元翻訳者の方を中心に、第一線で活躍される方々が執筆しているので、実践で役立つ用語が満載です。少し古いので手に入るうちに購入しておくことをお勧めします。(ファッション仏語担当・翻訳者K)
ファッション 伊語 初級イタリア語会話-Fashion Business  ★★★☆☆
 豊富な専門用語と共に、イタリアの商習慣や見本市情報、アテンド時の予約方法などが掲載されている。対象をファッション業界のビジネスマンに絞り込んだ珍しい一冊。初級とあるが、中上級レベルの教材。

おすすめ書籍ー語学一般ー

イタリア語の辞書・参考書
伊和中辞典  ★★★★★(上級を目指す人は必携・電子辞書・アプリもあり)
長期的にイタリア語を学びたい方、語学のプロを目指す方は必携。イタリア語学習者の間で最も支持されている一冊。
プリーモ伊和辞典 ★★★★★(初めの一冊にはこれをおすすめ。ただし電子辞書・アプリなし)
訳語と例文が非常によいのでおすすめ。学習用のため伊和中辞典より語彙数は少ないですが、上級者・語学のプロでも、持っていれば必ず役に立ちます。
きちんとマスター イタリア語ワークブック  ★★★★★
とてもわかりやすいテキスト。接続法や遠過去は載っていませんが、文法解説が正確で、楽しい練習問題が多く、飽きずに学べます。
耳が喜ぶイタリア語  ★★★★★
中級の生徒さん(近過去を終えた程度)のレッスンで使用しています。読み物としては、キャッチーで程よくマニアック(笑)。イタリア語としては、発音も文章もとても自然。和訳もついていて、かなり貴重な一冊です。レッスンでは、イタリア語で内容について質問をし、リスニングをしてからイタリア語で解答していただいています。その後、テキストを日本語で詳しく解説。生徒さんの力がぐんぐん伸びるのを感じる勉強法です。(イタリア語個人レッスン担当)
イタリア語のABC ★★★★★
最近生徒さんから問い合わせの多いイタリア語中級文法書。いろいろ出版されていますが、正確さとわかりやすさではこの1冊が断然おすすめ。実際、様々な大学や語学学校で教科書として使用されているようです。ある程度イタリア語に自身がついて、自分で読みたいものが出てきたら、辞書と並行してこれを引きながら読解練習に進みましょう。(イタリア語個人レッスン担当)
現代イタリア文法 ★★★★★
 日本語で書かれた一般向けイタリア語文法書の中で、これより詳しいものはないと思います。師匠曰く「これでわからないことは、今はわからなくてよい」(笑)。初級学習者にはかなり難易度が高いです。

フランス語の辞書・参考書
プチ・ロワイヤル仏和辞典  ★★★★★(電子辞書・アプリあり)
現代フランス広文典  ★★★★★(中級学習者必携)
ドイツ語の辞書・参考書
クラウン独和辞典  ★★★★★(電子辞書・アプリあり)
アクセス独和辞典  ★★★★★
(お勧め・電子辞書なし・アプリあり)
独和大辞典  ★★★★★(必携・電子辞書・アプリあり)
 見出語16万語、他の辞書には載っていない単語や用例も豊富に収録されている。初心者からプロまで必携の一冊。

ページトップへ