アート×語学 ピエリア とは?

― ワイナリーの人に"Buongiorno!"と挨拶したらすごく喜ばれた!やった!
― 絵のタイトルが読めた!へえー「聖母子」はLa Madonna col Bambinoかあ!
― スカラ座のチケット、イタリア語で電話をかけて予約してみた!できた!

はじめの一歩は小さくても、自分が口にした言葉から生まれる感動は特別なもの。
「×語学」でひとつの経験を、何倍もの感動にする。
それが、「アート×語学 ピエリア」です。

ピエリアで何ができるの?

「料理」「音楽」「美術」「ファッション」の4分野を切り口に イタリア語を学ぶ ことができます。
通信教育通学レッスンの2つの勉強法からお選びいただけます。
⇒ 姉妹講座 フランス語はこちら
⇒ 姉妹講座 ドイツ語はこちら

とはいえ、「聞いたこともない学校で学ぶのは不安」という方も多いはず。
「まずは雰囲気だけ知りたい」という方には無料メルマガを、「実際に試してみたい」という方にはお試し受講をおすすめしています。

誰がやっているの?

ポリグロット外国語研究所のスタッフが、立案者の森敦子を中心に教材を作成しています。教材を編集するのは、多種多様な経歴をもつその道のプロです。

ポリグロット外国語研究所
真の実力者を養成する外国語学校。
ヨーロッパ言語を中心に10か国語以上を学習できる。
第一線で活躍する翻訳者・通訳者を多数輩出。

ポリグロット所長 猪浦道夫先生の最新著書はこちら。

森 敦子
伊・仏・英の翻訳者。イタリア語教師。
東京外国語大学イタリア語専攻卒。ペルージャ外国人大学にてビジネスコース修了。ポリグロット外国語研究所にてイタリア語翻訳コースを最優秀で、 トリヴィウム(3か国語翻訳コース)を優秀賞付きで修了。 アパレル企業勤務を経て、ファッション、料理、ビジネス系の翻訳、セミナー講師に。 2012年、アート語学スクール「ピエリア」を企画。 2015年から、ファッション雑誌「ロフィシャル ジャパン」の翻訳チームスタッフ。 アンドレア・ヴィターリの訳書「市長の飛行艇(仮題)」(シーライトパブリッシング)が間もなく出版予定。